凍傷と凍傷の病状、予防、治療

寒冷による凍結によって起こる皮膚や皮下組織の障害で、その障害の程度は寒冷の強さや作用時間によって異なります。血液の凝固あるいは血管の収縮・閉塞なども関係すると考えられています。冷たい金属との接触では部分的な凍傷を起こすこともあります。
はじめは針などの鋭利なもので刺されたような感覚が起こります。その後しびれが起こり、症状が進行すると患部は感覚を失いはじめます。
凍傷は以下のように症状が重くなっていきます。 レベルによって主な症状を説明します。
軽度の凍傷が皮膚の感覚がなくなり、白くなります。温めると赤くなり腫れて痛みます。中度の凍傷が水疱ができ、腫れが起こります。
重度の凍傷が手足の感覚がなくなり、患部の皮膚が黒く変色し、冷たく硬くなり水疱が見られます。
さらに症状が進むと、患部が壊疽を起こし、患部の切断が必要になることがあります。心臓から遠い手足や、外気にさらされやすい顔が凍傷になりやすい部位です。手足や耳、鼻、顔などが凍傷の起こりやすい部分ですが、氷点下の外気にさらされる身体のどこでも凍傷のリスクがあります。
凍傷の予防には体温を維持するため、手袋や帽子などの防寒装備をすることです。ただし、きつい衣類やブーツは禁物です。激しい吹雪に見舞われたときには、避難場所を見つけ、体温を保つために体を動かします。また、糖尿病などのリスクが高い疾患を持つ人は、寒冷地への旅行は極力避けるべきです。
ここでは凍傷の治療について、応急処置の方法を詳しく説明しています。
凍傷の場合は、まず温めることが最優先です。しかし一気に高温で加温するというわけではなく、体温より少し高い程度(40~42℃辺り)のぬるま湯に浸けて、時間をかけてゆっくり温める方法を取ります。そして水の温度を保つ為にお湯を足しながら、一定の温度を保ってこれを継続します。しばらくして患部の感覚や皮膚の色が戻ると、疼痛を感じ出しますがこれは回復に向かっている証拠です。応急処置後は速やかに病院で検査と治療を受けるようにしましょう。
キーワード:凍傷 凍傷の病状、予防、治療
概要:凍傷は、寒冷刺激によって生じる組織の局所障害です。こちで、凍傷の病状、予防、治療について説明しましたが、冬になると凍傷の予防することを早めに注意したほうがいいです。

バイアクラ>バイアクラの効果が出るには、正しく飲まなければいけません。全然効かなかったという人の8割は飲み方に失敗しています。正しく飲めば、一時間くらいで硬くならない人や直ぐに萎えてしまう人のペニスが、驚くほど硬くなり、そのバイアクラの効果は5~6時間持続します。