凍傷の場合、応急処置はなに?

凍傷とは、氷点下での寒冷暴露による、組織の氷結と末梢循環障害がもたらす、限局性の組織傷害です。手足および鼻や耳介が侵されやすい部位です。原因としては、寒冷そのものに加えて、寒冷時にこれらの部位への血流を減らす要因があります。例えば、体幹部の保温が不十分だと、熱を維持するため、手足の血管を収縮させて血流を減らし、その分を体幹部に送ります。すなわち手足が犠牲になるわけです。また、靴や衣類による締め付けも、血流を減らします。

また、冬山では低体温症と密接な関係を持つ症状として「凍傷」がありますが、凍傷の処置方法を低体温症に対して行うと、助かる人間をかえって殺す事にもなりかねません。皆さんに、是非理解していただきたいと思います。
水分摂取
冬山では水分摂取量が足りず、知らず知らずのうちに脱水状態に陥っているもの。脱水は凍傷の大敵です。
濡れている手袋・靴下をかえる
濡れは冷えを悪化させます。また、後述しますが凍傷部位のドレッシングは”ドライ”に保つことが基本です。
手指・足趾の自動運動
動かして血行を促しましょう。ただ、マッサージは禁忌です。たまに登山書とかにも書かれてますが「こする」とか絶対ダメです。凍傷でダメージを受けた組織は簡単に壊されてしまいます。だから動かすのもあくまで「自動」。もう片方の手で動かすなどもやめておきましょう。

シアリス>シアリスの有効成分は『タダラフィル』です。タダラフィルの効果によって、陰茎内に一時的に血液の流入が増すため、勃起を促すことが出来るのです。シアリスのことを”新しいED治療薬”と呼ぶクリニックも多く存在します。